理系頭巾の知見

なんちゃって理系の頭巾が知ったことや考えたことをまとめているブログです。

理系頭巾の知見

10秒で出来る「Google Chrome」の動作を軽くする唯一の方法

はじめに

Google Chrom 軽く

皆さんこんにちは、頭巾です。

突然ですが、皆さんは世界で最も使用されているブラウザは何か知っていますか?

そう。もちろん「Google Chrome」です。

Google Chrom シェア
https://webrage.jp/techblog/pc_browser_share/

圧倒的。圧倒的なシェア。

Google Chromeほど余分な機能が少なく快適にインターネットを利用できる他のブラウザはありませんし、当然ですよね。

しかしこのGoogle Chrome、使用しているとPCのメモリをかなり使用するのが難点です。

僕もブラウザはGoogle Chromeしか使わないのですが、メモリの使用率が時々かなり上昇することがあります。

Google Chrom メモリ
MacがフルパワーでChromeを動かす毎日。

いくつもタブを開いて作業をしていると動作がカクついて来ますし、なんとかしてGoogle Chromeのメモリ占有率を下げる方法はないか探しました。

今回の記事ではそんな「Google Chrome」のメモリ占有率を下げ動作を軽くする方法の中で、僕が試して唯一有効だった方法をご紹介します。

ブックマークマネージャの仕様を変更する

僕が試して唯一有効だった方法は、Google Chromeのブックマークマネージャの仕様を変更する方法です。

この作業はたった3ステップで完了し、早ければ10秒もせずに終わります。

手順1. アドレスバーからChromeの「試験運用機能」ページに移動する

chrome://flags/#enhanced-bookmarks-experiment

まず上のアドレスをコピーし、Google Chromeのアドレスバーに貼り付けて「Enter」を押します。


Google Chrom 軽く 方法

すると次の様なページが表示されます。これがChromeの「試験運用機能」を設定するページです。


Google Chrom 軽く 方法

なんだか難しそうなページですが、今回設定を変更するのはこの中の1項目だけです。

手順2. 「新しいブックマークアプリシステム」を探す

試験運用機能」ページにはかなりの数の設定項目が表示されていると思いますが、その中から「新しいブックマークアプリシステム」という項目を探します。

一つ一つチェックしていてはかなり時間がかかってしまうので、Macの場合は「command+F」、Windowsの場合は「Ctrl+F」のページ内検索で「ブックマーク」という単語のある場所を見つけましょう。


Google Chrom 軽く 方法

ここで該当する項目の設定が「既定」になっていれば、今使用しているChromeが軽くなるように設定することができます。

しかしもし「無効」になっている場合は、既に今回紹介する方法が試された状態になっています。

とはいえ普通にGoogle Chromeを使用しているだけではまず変えることのない設定ですし、多くの人が「既定」になっているはずです。

手順3. 「既定」を「無効」に変更する

新しいブックマークアプリシステム」の設定欄を「既定」から「無効」に変更すればGoogle Chromeを軽くするための手順は終了です。


Google Chrom 軽く 方法

次の様にGoogle Chromeの再起動を促されるので、「今すぐ再起動」をクリックしましょう。

僕はこの手順でGoogle Chromeを使用している最中のメモリ使用率が10%程度減少しました。


[f:id:gqp:20170628164541p:plain :alt=Google Chrom メモリ]

それでもまだ88%もメモリを使用するGoogle Chromeですが、他の方法ではこんなに改善されることはなかったので十分でしょう。

おわりに

なぜこういった記事を作成したかというと、検索して知ることができる「Google Chrome」を軽くする方法の殆どがあまり効果のないものばかりだったためです。

キャッシュや閲覧履歴、余分な拡張機能の削除はすぐに試しましたが、あまり効果がありませんでした。

メモリを解放した所ですぐに使用率は元通りになってしまいますし、もう重いのを我慢して使い続けるしかないと思っていましたがこんなに簡単に動作が軽くなるとは驚きでした。

すぐに終わる設定の変更でかなりメモリ使用率に変化が起きるので、是非試してみてくださいね。

以上、『10秒で出来る「Google Chrome」の動作を軽くする唯一の方法』でした。