理系頭巾の知見

なんちゃって理系の頭巾が知ったことや考えたことをまとめているブログです。

理系頭巾の知見

レーティングバトルやりすぎてもう気が狂う!!!

ああああああ!!!!

f:id:gqp:20171220172246g:plain

3ヶ月前の僕はポケモンぬいぐるみを買いすぎて頭がおかしくなっていたようですね。

lf2.hatenablog.com

最近はぬいぐるみを置くスペースがなくなったため少し冷静になり、今まで程頻繁に買うことはなくなりました。

一方でハマってしまったのがポケモンの「レーティングバトル」。

レートって何?」って人に簡単に説明するなら、

育成した6体のポケモンから互いに3体を選出して行うポケモンの対戦方法の一つ」って感じです。

勝つとレート(数字)を相手から奪うことができ、負けると逆に奪われてしまいます。

そうやって対戦を重ねて最も数字の大きい人が1位になる訳です。

f:id:gqp:20171220172543p:plain

ちなみにこれが現在のレーティングバトル(シングル)で使用されているポケモンのランキングです。

最近はずっと「ミミッキュ」というポケモンがレートで大暴れしていますね。

なんでそんなにポケモンやってたんだ

f:id:gqp:20171220173050j:plain

ブログの更新を忘れ昼夜構築の研究に勤しみ毎日レーティングバトルをしていた訳ですが、一体何がここまで僕を焚き付けたかというと

レート対戦で負けた時の「悔しさ」

です。

ポケモンって対戦用に育成を始めようとすると結構色々と「やらなければならないこと」があります。

いわゆる「厳選」と呼ばれる作業の他に、ポケモンに持たせるアイテムの準備などですね。

頭を捻り技の構成を考え、何日も厳選をして揃うパーティのポケモン達には苦労の分だけ愛着が湧きます

こいつらと一緒に勝ち続けたい!

そう思いながら何日か準備を続ける訳ですね。

しかし実際にレートに潜ってみるとまぁ勝てない

ずっと考え、育ててきた手持ちのポケモンが己の未熟さ故に十分な力を発揮できず倒れていく。

レートの敗北はいままでポケモンを育てて来た時間の否定......は言い過ぎですが、少なくとも「否定された」様に感じられます。

「育ててきたポケモン達は悪くない、悪いのは己の采配、もとい育成方針だ」

そう冷静に結論づけ、じっくり負けた理由を考察することが最前です。

しかし一方で「いや自分の育て方が悪いわけじゃない、さっきの負けは運が悪かっただけだ!」と思ってしまう自分もいます。

すると否定された(様に感じている)パーティが「絶対に悪いものじゃない、そんなはずはない」ということを証明するため一切改善を加えず再びレートに潜ってしまう。

そして負ける

「レート」という数字が減っていき、ようやく自分のポケモンの育て方、構築の組み方が間違っていたことを知るわけです。

負ける度に募る悔しさは掛けてきた時間が多いほど重く自分にのしかかります。

次こそは負けない!」と思い再びパーティを考え始め、またこのサイクルを繰り返す訳です。

ほんまレートやってると頭おかしなるで。

なんでこの記事書いたの?

今まで書いてきたことはポケモンのレート対戦をしたことがある人なら誰もが少しは思うことだと思います。

そんなことを今更文章にしたところであまり意味は無いわけですが、なら何故記事にしたかと言うと

自分の考えの整理のためです。

実はさっきレートに潜っていたら2回連続で自宅のインターネット回線の不調によって負け扱いになってしまったのです...。

完全に自分の責任なんですけど、結構レートがあがっていたためかなり頭に血が上ってヤケクソでレートに潜っていたらさらに負け!負け!負け!!!

f:id:gqp:20171220173334j:plain

完全に頭がゴリラになっていましたがこのブログのことを思い出し、「しょうがねぇこのイライラをブログにぶつけるか」となりました。

しかし「なんで自分はこんなにレートに熱くなっているんだろう? 」ということを客観的にまとめていたら、なんだかまたイライラしてきました。

偉い人が言っていました。

レートで感じた悔しさはレートでしか取り返すことができない

ほんとその通りだと思います。もう頭爆発しそう。

あ、久しぶりに記事書いてみたんですけど良い気分転換になりますね。

これからは気軽に更新を続けられたらいいなと思います。