理系頭巾の知見

なんちゃって理系の頭巾が知ったことや考えたことをまとめているブログです。

理系頭巾の知見

【物理】2017年 Amazonで買って後悔したもの!【参考書】

はじめに

f:id:gqp:20171229205114j:plain

先日は2017年に買って良かったものをまとめた記事を更新しました!

lf2.hatenablog.com

更新の後ネットサーフィンをしていたら、ふとはてなダイアリーにこんな投稿を発見。

anond.hatelabo.jp

多くのブロガーが「買って良かったもの」を投稿している中、こういう意見は目を引きますよね。

確かに良かった商品ばかりじゃなく、買って後悔した商品の紹介も自分が読者だったら読んでみたいかも。

ってことで2017年にAmazonで買った179の商品の中で後悔した商品を紹介しまーす!

買って後悔したのは...『新・演習 熱・統計力学』

f:id:gqp:20171229201836p:plain

は〜い。

なんだか「買って後悔した商品」の紹介って、払ったお金とかを振り返ると中々いい気持ちではありませんね...。

2017年に買った商品を全部見返したんですけど、この『新・演習 熱・統計力学』だけは本当に失敗でした。

どうせ記事にするんだったらもっと一般的な本だったり生活用品だったりが良かったんですが、他に購入した商品は全部良いもので、どんなに頑張っても後悔した理由が書けなさそうだったので。

僕が『新・演習 熱・統計力学』(サイエンス社)を購入したのは↑の画像にある通り今年の7月6日です。

院試を8月下旬に控え、難しさを感じていた統計力学の問題を解けるようになるために購入。

しかしこの本、記号の使い方が独特だったり問題が一般的でないものが多かったりとにかくクセが強い

短いページ数に要点をまとめてくれているんですが、解説が短すぎてわかりづらい

とにかく使いづらい教材で、数ページ問題を解いたものの身につくものが少なそうだったので継続して使うことはやめてしまいました。

統計力学にオススメの教材は?

『新・演習 熱・統計力学』に後悔した僕が最終的に落ち着いた教材は

マセマの『熱力学』と『統計力学』田崎晴明さんの『統計力学<1>』と『統計力学<2>』です。

大学の講義で先生が勧めていた教材が田崎晴明さん著の『統計力学』でした。

しかし<1>の方は理解することができたんですが<2>が結構難しく、何か分かりやすい参考書がないかと探した末に発見したのがマセマ。

マセマの『熱力学』『統計力学』はとにかく分かりやすい

『統計力学』のまえがきにも確か書いてあったと思うんですけど、『熱力学』を読んでから『統計力学』を読むのがベストです。

っていうか熱力学の知識なしに統計力学を理解するのはかなりしんどいです。公式の暗記を強いられます。

熱力学からしっかり理解して大体の公式をいつでも自力で導出出来るようになって、統計力学<2>の範囲のイメージもつかめればオッケー。

最後の仕上げに『詳解と演習大学院入試問題〈物理学〉』を解けば向かう所敵なしになります。

↑の『詳解と演習大学院入試問題〈物理学〉』は解説丁寧、問題の量・レベルも適切で院試前に買った参考書の中では『マセマ』に次いで最高の本でした!

おわりに

Amazonで買い物をする時はやっぱりカスタマーレビューを参考にするので、

「買って後悔したー!」ってなること少ないですよね。

今回紹介したサイエンス社の『新・演習 熱・統計力学』はレビューがなく、それでも迫る院試に焦って購入してしまったのは失敗でした。

2018年はレビューのない商品を購入する時にちょっと踏みとどまって考え直すことを意識したいでーす!おわり!