理系頭巾の知見

なんちゃって理系の頭巾が知ったことや考えたことをまとめているブログです。

理系頭巾の知見

【画像】「Sleep Meister」で睡眠効率を測ってみた! 〜アプリで分かる眠りの質〜

はじめに

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

ウス!最近入院(大学院入学)した頭巾@rikei_zukin)です!

人生の1/3は睡眠!寝ること!水木しげるも言ってたけど寝ることって超大事

毎日質のいい睡眠を確保できれば身体の疲れもしっかりとれて健康をキープできる!肌荒れも最小限に!

人にとって睡眠ってかなり大事なことだと思うけど案外軽視しがちだよね

分かっていてもついつい夜更かししちゃうことってよくあるし

でも不健康になってからじゃ遅い!だからまずは自分の睡眠の質がどんくらいなのかを調べてみよう!

ってことで最近iPhoneにインストールしたアプリが「Sleep Meister」

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラームLite
Sleep Meister - 睡眠サイクルアラームLite
開発元:Naoya Araki
無料
posted withアプリーチ

このアプリで自分の睡眠の質がどんなもんか分かるってわけです

それでは早速僕の睡眠の質がどんなだったか見ていきましょう!

「深い」眠りの時間が少ない?

「Sleep Meister」の使い方はとっても簡単

iPhone標準のアラームと同じように、起きる時間を設定してスリープモードにするだけ。楽ちん

少し変わっている点はiPhoneを枕元に置いて寝るっていうところ。そうすることでiPhoneのセンサーで睡眠の様子を記録できるんだってさ

多分寝返りとか打った振動を測ってるんじゃないかな?

そんなこんなで測ってみた記録、こんな感じになりました!

3月31日と4月3日のデータ

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

いきなり衝撃的なデータが...

左の画像、寝ていない「覚醒」状態を示す橙色が殆どを占めてる...

思い返せばこの日は夜中隣人がうるさくて全然眠れなかった...

睡眠効率はわずか7.7% これもう睡眠とはいえないのでは?

右の4月3日は割りと平和に寝られたようで「覚醒」が少なく睡眠効率も92.5%

それでも殆どが「浅い」眠りで「深い」眠りの時間が少ないのが気になるところ

4月4日と4月6日のデータ

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

左側、4月4日のデータを見てみるとまず寝るのが遅い!笑

この日はなんでこんなに寝るのが遅れたのかまるで覚えていないけど、やっぱり寝始める時間が遅いと眠りにつくのにも時間がかかる様子

睡眠効率は80.5%だけど殆どが「浅い」眠りになってる

右側4月6日も眠りにつくのにかなり時間がかかってる...

これは日中に昼寝でもしたのか? 中途覚醒が少なく「深い」眠りの時間も多いけど、そもそもの睡眠時間が短いので睡眠効率も低め

測ってみると、就寝までの時間を除く実際の睡眠時間があまりとれていないことがわかる

しっかり毎日6時間の睡眠時間をとるためには、眠りにつくまでの時間として1時間くらい余分に寝ることが必要ってことですね

質の良い「睡眠」をとるためには

まず質の良い睡眠とは何か? ってことを考えてみる

Wikipediaの「睡眠」ページによると、全米睡眠財団(National Sleep Foundation)が推奨している睡眠時間は次の通り

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

睡眠 - Wikipedia

僕の年齢を考慮してみると、大体8時間程の睡眠をとることが必要だということが分かる

そうすると朝8時に起きためには遅くとも日付変更までに眠る必要がある

一方で「Sleep Meister」を使うと就寝までに一時間程余裕をもたせる必要もあって、そうすると布団に入る時間は23時ということになる

⋯⋯最近、23時に布団に入った日なんてないぞ!

よっぽど疲れてないとダラダラ日付変更まで起きてる気がする⋯⋯

また当然だけど寝る一時間くらいまでにはスマホやPCの画面を見ないほうがいい 脳が起きてしまうから⋯⋯

しっかり意識して生活にメリハリを着けないと、質のいい睡眠をとることって難しいね

「Sleep Meister」の使い方

最後に簡単な「Sleep Meister」の使い方説明をしておきます

自分が初めて使った時にちょっと戸惑った部分もあったので、参考までに

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

まずこれが「Sleep Meister」のホーム画面

注意して欲しい点は、「Sleep Meister」は寝る直前に起動してアラームをセットする必要があるということ

iPhone標準のアラームは時間をセットしたら後は放置しておくだけでいいんだけど、「Sleep Meister」身体の動きとかを記録するので寝る前のセットを忘れずに

画像①で起きたい時間をセットすると、③に実際にアラームがかかる時間帯が表示される

Sleep Meisterは睡眠周期を考慮して最も起こすタイミングとして適した時間にアラームが鳴るので、実際にアラームがかかるのは①で設定した時間の30分前からになっている

②では色々なオプションを設定できる

上から「メモ」「行動メモ」「自動ツイート」「寝言の録音」「音楽」

「メモ」⋯⋯寝る前の状態や疲れ具合(?)などなど自由にメモしておこう!
「行動メモ」⋯⋯予め用意されている「アルコール」「カフェイン」「運動」などのタグを登録可能
「自動ツイート」⋯⋯使ったことはないけど、多分起きた時間に「起きた!」って感じでツイートされる⋯⋯
「寝言の録音」⋯⋯聞く勇気がないから使ってないけど、これ目的でアプリを使う人いそう
「音楽」⋯⋯入眠時に聴きながら寝ることができる音楽を選べる

って言う感じ

他にも週、月単位で睡眠の記録を確認できたり

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

アラーム音や寝返りのセンサー感度などなど自由に設定可能

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

今の自分の睡眠がどんな感じなのか知るのは生活を見直すいい機会になるし、一回試してみてね!

おわりに

"sleep meister スリープメイスター アプリ 睡眠効率 使い方"

睡眠って短すぎるのは当然よくないけど、かといって長すぎてもよくないから難しいよね

適切な時間の睡眠をしっかりととるためには生活習慣の改善が不可欠

良い睡眠を取るようになれれば一日の生活サイクルもより整えられるように

逆に睡眠がしっかり取れなければ生活サイクルもガタガタ⋯⋯

無駄な夜更かしを控えて、23時になったらちゃんと布団に入ることが大事!

それでは今回はこのへんで!ばいちゃ〜